人気ブログランキング |

menu4

雨上がりに決死の試食。

畑の隅に10年ほど前に切り倒されたモチの木の切り株がある。もう半分は朽ち果てている。

晴れた日にには気づかなかったが(干涸らびて)、雨上がりの日にはビラビラとした黒いモノ。 もしやこれはキクラゲではないか?とご近所さんとも話すが確信は持てず気になって数日‥。

調べてみると、キクラゲに似たのにクロハナビラタケという毒キノコがあるが、どうもそれではないのだと自分で結論。思い切って、数枚をキュウリとの酢の物にして食してみると、まさにキクラゲの食感ではないか。

ということで、次の日キクラゲと卵とトマトの中華炒めで一品作ってもらい、一杯! おー、中々旨いっ。

もう少し残っているので、切り株に毎日水をかけ、寒冷紗で日除けをし、もっと増ろ!と祈る日々。(笑)

よしっ!来年はこの切り株と、ついでに椎茸の原木も手に入れ、キクラゲの菌を植え付けようかと、真面目に検討している。椎茸を作っている人は沢山いるが、生キクラゲを栽培してる人は見ないしね(調理用はほとんど中国産の干しキクラゲ)。


他にも怪しげなキノコも出てるが、それは絶対に食い物ではない感じ。(笑)

雨上がりに決死の試食。_b0340837_15042494.jpg
乾燥するとススのようだが、雨の日が続くと膨らみ瑞々しいキクラゲの出現。
雨上がりに決死の試食。_b0340837_15042489.jpg
乾燥したのも水で戻すと、数倍に増える。
雨上がりに決死の試食。_b0340837_15042497.jpg
玉子、トマト、キクラゲの炒めもの。旨いっ! ジントニックがススム!(笑)
雨上がりに決死の試食。_b0340837_15042568.jpg












# by hararame | 2019-07-26 15:21 | いろいろ | Comments(0)

ローテーションを組んで葉っぱを食す。

畑の夏野菜が最盛期を迎えて、キュウリ、トマト、ナス、オクラ、ピーマン、シシトウ、ズッキーニ、‥などが毎日どっさりこ。もちろんジジババ二人では食い切れないので、畑の横を通る(散歩コースになっている)町内の人たちや知人達におすそ分け。

そんな主野菜も旨いが、年中一番のお役立ち野菜は、ミックスレタス、サラダナ、チシャ、などのリーフレタス類。だいたい種まきから1.5~2ヶ月で収穫できるので、終わる前を見越して別畝に時間差で種まきしておくと、途切れることなくほぼ年中新鮮な葉っぱが収穫できることになる。

たまに早く帰って夕食前に草取りなどしてると料理人より「葉っぱ取ってきて!」との指令、柔らかそうなのを適当にあちこちから千切って採る(根っこから取らずに)。ということで、毎日ウサギに負けないほどの葉っぱを食っている。モグモグ。(笑)

このリーフレタスローテーションはマンションライフのベランダでも、プランター2つあれば簡単に出来るはず。皆さんもどうぞ育てなっせ。


左の畝を収穫してる時にはもう右の畝に種まきしておく。夏場は日が強く董立ちするのも早いので、黒い寒冷紗を掛けておく予定。

ローテーションを組んで葉っぱを食す。_b0340837_16204276.jpg
鯛のカルパッチョ(タマネギの下に鯛は隠れている・笑)。トマトなどのコンパニオンプランツ(病害虫予防野菜)として一緒に植えているバジルも大役立ち。
ローテーションを組んで葉っぱを食す。_b0340837_16204106.jpg
カツオのタタキにも葉っぱがどっさりと。
ローテーションを組んで葉っぱを食す。_b0340837_16204145.jpg
焼肉には、焼肉レタスやチシャやエゴマの葉で包んで、パクッと。で、ビールをグビッと。
ローテーションを組んで葉っぱを食す。_b0340837_16204198.jpg
サラダはドレッシングより最近は、ハーブソルトとオリーブオイルで食す。これから実る4種類のイタリアントマトが楽しみ。
ローテーションを組んで葉っぱを食す。_b0340837_16204240.jpg








# by hararame | 2019-07-11 16:55 | Comments(0)

ホクホクと。

2月の末に植えたジャガイモの葉が枯れてきて収穫時期なので、日曜日、「じゃが芋掘ってビールを!」と、助っ人3人に声を掛けて芋掘り。
今年は6種類のじゃが芋を例年の3倍以上植え付けたので、いやいや助っ人が来てくれ助かった。
芋掘りの後は、みんなで食べ比べしながら、ビール!  途中、ご近所さんより釣りたての鯵もいただいたりしたので、ますますビールが進んだ。
これから、しばらくは毎日食卓にジャガイモ料理が登場してますますビールの消費量が増えるなぁ。(笑)

幸いに雨の予報が外れてヨカッタ。しかし、ジャガイモ全部の収穫はしておらず、まだ1/3ほど残ってる。(2〜3日内には掘らなきゃ)
ホクホクと。_b0340837_16160195.jpg
しかし、この芋、一体どこに保存するんだよ!(笑)
ホクホクと。_b0340837_16160113.jpg
ポテサラ、新玉葱、それに昨日羽田で買ってきた富山の鱒寿司も旨い!
ホクホクと。_b0340837_16160077.jpg
とても6種類の利き芋は腹一杯なりそうなので、とりあえず2種類のみをジャガ塩辛で食す。今夜は別の芋を食い比べてみよう。(笑)
ホクホクと。_b0340837_16160281.jpg
パリッと焼いたジャガイモも好物なんだよなー、実にビールがススムのだ。
ホクホクと。_b0340837_16160270.jpg








# by hararame | 2019-06-03 16:44 | 野菜 | Comments(0)

旬をくらふ。

もう40年近く菜園をやっているが、目的は自給自足ではない。野菜なんて近くのスーパーに行けばがっかりするほど安く(笑)売られたりしているのだ。旬のモノを超新鮮に食べられる、ということが一番。それに好きな野菜を(売られてないのも)作ることと旬を待つ楽しみ。

前年末に植える空豆など出来るまで半年は、ビール片手にまだか?まだか?と。(笑)

なんせ、他の豆はどうでも、ビールの友、これだけはしっかりと実って欲しい。

で、今がまさに旬!毎夜、空豆でビールをキューッとやることから晩酌が始まる。旬は駆け足で通り過ぎていくので、早めのうちから食べ続け、硬くなる前に食い尽くすのが理想。

毎日家に帰ると、おぉ、まだまだ沢山残ってるなと畑の空豆を確認し、ニンマリとするのが、このところの日課。(笑)


畑で剥いて、サヤは堆肥作り場所にポイと捨てる。これは一週間前のやや早い時期。でももう待てないし。

旬をくらふ。_b0340837_11250631.jpg
ソラマメは空に向かってそそり立つ(4月頃)。で5月になればサヤはやや黒ずんで下に垂れてくる。この60代後半くらいになった頃が食べ頃。(笑)
旬をくらふ。_b0340837_11250767.jpg
先日手に入れた島根の湯町窯の皿がなかなか空豆に合うね。ビールが旨いっ!
旬をくらふ。_b0340837_11250656.jpg
サヤごと焼いて香ばしいのをアチアチと食す。今夜は日本酒が旨いっ!
旬をくらふ。_b0340837_11250705.jpg
フライビーンズにしてもらい、ビール!  ポテトと枝豆、空豆はビールの永遠の友だなぁ。(笑)
旬をくらふ。_b0340837_11250797.jpg






# by hararame | 2019-05-09 11:57 | Comments(0)

念ずれば通ず

数日前に畑の野菜や頂いた山菜を食べながら、これで魚も貰ったりしたら万々歳やなと話していたら、ご近所釣り師から、男女群島で釣ってきたというクロを2枚頂いた。(笑)
ウハウハと3枚におろし、とりあえずは刺身。しかし、皮を湯引きしたのをポン酢で食したのや、中落ちをスプーンでこそげたのが、実に旨かった。

おすそ分けに預かったネコどもは、盆正月が一緒に来たかというほどの喜びよう。

残りは次の日の用にと、皮つきで下ろしておいたり、昆布で挟んで締めたりしておいて二日に渡って堪能。

実に充実した2晩続きの晩酌タイムだった。カズノリくん、ゴッツォさ~ん!


一枚は40cmはあろうかという立派なクロ(グレ・メジナ)。

念ずれば通ず_b0340837_13122057.jpg
2月にも寒グロを頂いたが、今回のもまだまだ旨かった。
念ずれば通ず_b0340837_13122048.jpg
特に、皮を湯引きしたのをポン酢で食したのや、中落ちの骨の間をスプーンでこそげたのが超旨。
念ずれば通ず_b0340837_13122037.jpg
二日目は、皮付きでポワレにしてもらい、畑の野菜やディルを添えて味わう。
念ずれば通ず_b0340837_13122036.jpg
一晩昆布締めにした身はますます旨味がまして、これまた糸島産山田錦で醸された酒が進むこと(笑)。酒友の莫窯Uさんの酒器と彼から頂いたタケノコで、地産地消の糸島オールスターズ。
念ずれば通ず_b0340837_13122028.jpg






# by hararame | 2019-04-23 13:23 | Comments(0)