人気ブログランキング | 話題のタグを見る

menu4

久々の外飯

急に汗ばむほどの陽気の土曜午後。
久々、昼飯は畑ストーブで牡蠣焼いて食うかと、とりあえずokuzoeseipanでバゲットを買って、漁港直産市に行き、ついでに横にあった小さなコウイカも晩酌肴用に購入。

昨年後半はいろいろあったので、ほぼ1年ぶりの独り外飯焼き牡蠣(笑)だろうか。風もなく、畑常設のストーブも快調。

外昼飯の後は、畑ノートとにらめっこしながら、春野菜の畝作りや、耕運作業。種蒔きしたのもチラホラと発芽してきた。
夕方、台所に立ってコウイカ捌き。去年ショウコせんせに習った手順をすっかり忘れている(笑)。ま、なんとか刺身にして晩酌の肴に。
禁酒中だが、六五の生がひねてしまうといけないな、という理由をつけて特別にチョイと一杯。(笑)


今、キャンプだとか野外料理などがブームらしい。でも、オシャレを超越したワイルドな外飯こそ、その真髄。(笑)

久々の外飯_b0340837_08183389.jpg

バゲットの上に牡蠣を置きレモンを一欠片のせて、パクッとやると、口の中は大喜び(笑)。で、ビールゴクッと。日常をフツーに送れるってなによりの幸せ。

久々の外飯_b0340837_08183347.jpg

船越の漁師・一豊さん朝〆めのコウイカ。イヌツゲの枝を結び付けた(産卵の為)イカカゴを沈めて獲る漁は以前説明受けたから、食べながらその状況が見える。これ大事やね。

久々の外飯_b0340837_08183455.jpg

もっと大きなのを買ってくればよかったが‥、ま、イーカ。それにしても、捌き方の手順もう一回聞いとかないと。(笑)

久々の外飯_b0340837_08183400.jpg

料理人がゲソをネギとワインで炒めてくれて一品、これは旨かった。

久々の外飯_b0340837_08183408.jpg








# by hararame | 2022-03-14 08:26 | 魚貝 | Comments(0)

春の足音

「あんたくさ、今年フキノトウ食ったね?要るね?」と近所の工務店O社長より電話。
昨年は何度も採って食べたが、今年はいろいろあって採らずじまいだったので、即、要る!と。
頂いた次の日、早速料理人に天ぷらにして貰い、晩酌の肴に。
昨日は、ご近所農家のRさんに頂いたので(伊都菜彩にも出しておられる)フキ味噌を作って貰い、晩酌の肴に。料理人はご飯のお供に。
寒波の後ろで、今か今かと春が出番を待ってるねー。

丁度いい大きさのが程よく10個ほど。
春の足音_b0340837_15343599.jpg
レモンを絞り、抹茶塩をパラリとかけて。お湯割りがすすむねー。(笑)
春の足音_b0340837_15343657.jpg
酒の肴にも、ご飯のお供にもなるフキ味噌。
春の足音_b0340837_15343600.jpg
昨年は3箇所に採りに行ったが。
春の足音_b0340837_15343692.jpg




# by hararame | 2022-02-19 15:37 | 野菜 | Comments(0)

冬の酒肴

新鮮な地魚が手に入る糸島なので、週に2〜3度は酒の肴に刺身を食す。
先日、事務所近くのクラフト品を扱う「暮らし工藝舎」で、おろし皿を買ったら、なかなかいい具合。やはり下ろしたての山葵は香りがいい。
近くの山の沢で山葵を栽培したいのだが、誰か場所提供してくないだろうか?(笑)
おろし皿は元重製陶所(島根・石見焼)のもので、ここはすり鉢しか作ってないという珍しい窯元。
我が家のすり鉢でも愛用中。
日常使いで手作りでしか出来ないというモノ作り、ずっと残ってほしいね。
 

冬は刺身が旨いし牡蠣もあって、酒肴にはいい季節。(笑)
冬の酒肴_b0340837_14102031.jpg
ややコンパクトなすり鉢。焼きカマスをほぐして、焼き味噌をいれ、‥、これは夏場の冷汁作りの時のもの。
冬の酒肴_b0340837_14102072.jpg


# by hararame | 2022-02-09 14:16 | 魚貝 | Comments(0)

酒肴。

12月21日に、産卵期を終えたアワビ漁が解禁。

で、毎年年末に対馬の海士である義兄からアワビ、サザエ、ナマコがドサッと送られてくる。贅沢だなぁ。(笑)

当然、サケノミストにとっては、正月のおせち料理などよりこちらの方がいい。

こんな時だけは台所に立ちこれらを捌く。サザエの捌き方などお手のもの。
ご近所さんへお裾分けもするが、大部分はこちらの腹の中に。
写真を載せたりして嫌味な爺いとヒンシュクを買っても構やしない。
残り少ない人生、自分だけ好きなもの食って一杯やれればいいのだ。(笑)

ナマコを捌くにわか料理人。大きな赤ナマコ3本を茶ブリにして、土佐酢に漬けておき、1週間は食った。(笑)
酒肴。_b0340837_16174426.jpg
ボイルした栄螺を身とキモに分けて。キモはバター焼き。
酒肴。_b0340837_16174571.jpg
今年の冬は寒かったので、外に出しておけば数日は元気だった。
酒肴。_b0340837_16174588.jpg
年明けは茶ブリナマコと鯛の昆布締めで。
酒肴。_b0340837_16174781.jpg
鮑のキモとヒモ、柚子とポン酢でいい酒肴。酒器と器はご近所莫窯・上原さんの。
酒肴。_b0340837_16174601.jpg
刺身にはあまり箸が伸びない料理人も、バター焼きにすると鮑や栄螺もパクつく。
酒肴。_b0340837_16174644.jpg
栄螺を捌いて、刺身に。海士の義兄は鮑よりも栄螺の刺身を好む。
酒肴。_b0340837_16193044.jpg






# by hararame | 2022-01-15 16:24 | 魚貝 | Comments(0)

花、鞘、豆、種、根。

先日、種取りをしたシカクマメの余り種、大豆だって炒って食えるんだからと、炒ってみた。

完全に種になったのをポリポリと食ったが硬めなので、半分青い鞘から採った豆も炒ってみたら柔らかくて食べやすい。
これは少し塩すると酒のツマミにもなりそう。
来年はエンドウ豆のようにもっと若い時のも採って食ってみようと、とりあえずメモ。(笑)
さらに料理人に、カレー味での煮豆も作ってもらうと、こいつがなかなか旨い。
次に、根っこを掘り出し、キンピラにしたのと茹でたのを食ってみる。(実はシカクマメ、南の島では花を落として実を作らせず、根を太らせて芋として食うらしい。)

これ又旨いので、来年は花を落として(花はかき揚げて天ぷらで)栽培する畝も作ってみようと、これもメモ。(笑)
花、鞘、豆、種、根、シカクマメをこんなに食ってるのはハラハラ農園だけだろうね。

これが自家菜園の醍醐味ヨ、ハハハ。(笑)

炒って食う。右の完全に種になったのは、やや硬いのをポリポリと。まだ青いのは柔らかめ。
花、鞘、豆、種、根。_b0340837_15394579.jpg
半分青い鞘から出した豆。来年はもっと早い豆も採取してみよう。
花、鞘、豆、種、根。_b0340837_15394481.jpg
種蒔き用に確保した余りを料理人にカレー味で煮てもらう。これはなかなか旨い。パンとワインが欲しくなる。(笑)
花、鞘、豆、種、根。_b0340837_15394565.jpg
しっかりと実(鞘)を採ったから少し細い根っこ。花や実に栄養をやらないように落とすと大きな芋になるはず。来年栽培してみるのが楽しみ。
花、鞘、豆、種、根。_b0340837_15394498.jpg
根っこをささがきにしてキンピラを作ってもらう。柔らか目のきんぴらごぼうという感じ。ただ、真ん中にある筋は取ったほうがいい。
花、鞘、豆、種、根。_b0340837_15394524.jpg
根っこを茹でたの。皮は簡単に剥ける。落花生の味がするホクホク芋。これは旨いね。来年は太い根っこ芋を作るぞ!(笑)
花、鞘、豆、種、根。_b0340837_15394660.jpg
この花や、鞘(実)は天ぷらにすると実に旨い。柔らかいのでサラダ他いろいろ使える役立ち野菜。
花、鞘、豆、種、根。_b0340837_15394463.jpg







# by hararame | 2022-01-13 15:46 | 野菜 | Comments(0)