人気ブログランキング |

menu4

<   2020年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

地魚で創る珠玉のスープ

高級な食材を使った高級な?料理というのにほとんど興味はないのだが‥

糸島の地魚オトコのプロデュースで、20種類もの新鮮な地魚を達人シェフが8時間 x 2日間かけて炒めて作ったスープでの本場マルセイユ仕込み「糸島ブイヤベースの会」にいそいそと参加。

いわゆる高級魚での出汁を元に作るのではなく、普段は市場にでないような雑魚なども含めた地魚を使っての料理なので鮮度が命、こりゃ日頃の漁師さんとの繋がりを持つ地魚オトコでなきゃ出来ないこと。

料理人は30年以上ホテルニューオータニで腕を振るわれ、今は全国で活躍されている山口雅美シェフ。会場は事務所のすぐ近くの豪商古民家「古材の森」。

結論‥このブイヤベース、実に濃厚で深みがあり、控えめに言っても旨過ぎた(笑)。海の中の旨味が凝縮されたような今まで食ったことがない味。最後にそのスープで作ったおじやも口の中を歓喜させながら堪能。

そんなわけでこのブログmenuには、ほとんど家での食事しか出してないのだが、こりゃ書かずにはおれなかった。(笑)

毎日、畑の新鮮な野菜を主に我が家の料理人に旨い肴を作って貰っているのだが、家庭では到底作れない料理というのもあるなぁ、と感じた夜。

次はいつ食えるのだ?クマモン!

(写真は地魚バンクのものを拝借)


クエ、ホウボウ、ヒイラギ、コチ、マトダイ、グチ、エソ、ジャミ、カマス、ベラ、アラカブ、キス、カンゾウガレイ、マダイ、シタビラメ、ヒラメ、タチウオ、カワハギ、ヒメジ、など驚くべき多種の地魚達。

地魚で創る珠玉のスープ_b0340837_12411842.jpg
調理中の山口雅美シェフ。上の魚を鱗、骨、内臓ごと、8時間炒める大変な手間(それを2回)。そりゃ濃厚なスープが出来るはずだ。
地魚で創る珠玉のスープ_b0340837_12411756.jpg
別に用意した魚貝野菜(もちろん地場の)にそのスープを加えて。 スープを一口飲んで目がテンに。(笑)
地魚で創る珠玉のスープ_b0340837_12411826.jpg
最後におじや。スポイトの醤油はお好みで調整。フランスではリゾットでやるらしい。これ又、目がテンテンと2つになった。
地魚で創る珠玉のスープ_b0340837_12411989.jpg





by hararame | 2020-07-02 13:00 | Comments(0)