人気ブログランキング |

menu4

<   2019年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ダダチャを食わずして枝豆を語るなかれ。

もう30年以上、8月の末になると鶴岡に住む友人陶芸家のEセンセより送られてくる枝豆の王様「白山だだちゃ豆」。この枝豆の香りと味と言ったら‥もう。人には上げたくない、自分だけで食べてしまいたいという程。ということで茹でたのを冷凍保存もして何度も密かに食っている。(笑)

今年我が農園で作った枝豆も、産直市で買うよりはよっぽど旨かったのだが、この豆は別物。毎年この豆の到来で夏が終わったのを感じる。

だだちゃとは、オヤジという意味。白山地区のオヤジが作るこの豆、何故か他のところでは同じようにできないらしい(土壌だろうね)。又、枝豆の旨さは鮮度(採りたて)。毎年同じ農園の朝採りのを冷蔵便にて送ってくれるEセンセには感謝感謝と言いつつ、さて、今夜も帰ってのビールが楽しみだ。(笑)


だだちゃ豆、基本は2個のブラジャー型。やや小ぶりの豆だがその中に味が凝縮されている。
ダダチャを食わずして枝豆を語るなかれ。_b0340837_08584488.jpg
鮮度のいいのをサッと茹で、手早く冷まして軽く塩。ビールの準備は?(笑)
ダダチャを食わずして枝豆を語るなかれ。_b0340837_08584597.jpg
クール便のおかげで、九州の地でもこれが美味しく食べられるようになった。センセ、ありがとネ。
ダダチャを食わずして枝豆を語るなかれ。_b0340837_08584528.jpg






by hararame | 2019-08-28 09:09 | Comments(0)

ボンジョル〜ノ!



今年の菜園で一番期待していたのがイタリアントマト、今まさにそれが最盛期。

ここ数年はサントリーの苗を買って数種類作っていたが、どうも最近苗が悪いのか不出来続き。と、言うことで今年は通販で種を手に入れて3月に播種。発芽までにかなりの時間がかかり生育も遅かったのだが(長梅雨で)初夏からグングンと生育、今は鈴なりで毎日収穫。

今年の品種は、<サンマルツァーノ><ヴィルジリオHF><クォールディブエ><コラゾン>の4種。マルツァーノがやや小さめでイマイチだが、他は予想以上によくできている。

先日収穫してると、町内唯一のイタリア人のB氏(日本語全くダメ)が散歩してたのでいくつかのイタリアントマトをあげると大喜び。すぐに家に戻るや今年イタリアから持ち帰った種袋を沢山くれた。で、9月にも帰ったとき又持ってくるとのこと。(作ったのをくれと言うのか?笑)

貰った種の来春蒔きのは冷暗所で保存、8月~9月蒔き出来るのもあるので、お盆は土つくりをしなきゃ。

と言うことで、来年の我が農園は Piantagioni Italiane<イタリアン農園>となるかも。ズッキーニの花も食ってるし、アーティチョークも来年は食えるだろうしね。(笑)

では、アリヴェデルチ!


発芽まで2週間以上掛かって、どうなることかと思ったが無事全部発芽してやれやれ。

ボンジョル〜ノ!_b0340837_09362595.jpg
いろんな種類のトマトが出来るのを観察するのは実に楽しい。
ボンジョル〜ノ!_b0340837_09061464.jpg
トマトは熟すのや傷みも早いので日々のチェックが大事。下のバスケットは知人へのプレゼント用(笑)。
ボンジョル〜ノ!_b0340837_09362516.jpg
イタリア人に貰った種。中には知らないものも。おぉ、<ROMA VF>があるな。
ボンジョル〜ノ!_b0340837_09362632.jpg
特にバジルとモッツェラチーズで挟んで塩とオリーブオイルで食すカプレーゼは晩酌で毎夜食卓に登場。旨いっ!調理トマトも多いので、いろんな料理で食卓に登場。サラダに入れるだけじゃトマトを味わったことにはならないね。と、食べて飲むだけのワタシが言うことか。!(笑)
ボンジョル〜ノ!_b0340837_09362642.jpg
ミニトマトの和風出汁の一皿。これもなかなか旨い。大量のトマトが消費できる。(笑)
ボンジョル〜ノ!_b0340837_09362661.jpg
しかし、一番旨いのは、畑仕事の合間に完熟のミニトマトを口に放り込んで食うのやね、というのが我が家二人の一致した意見。
ボンジョル〜ノ!_b0340837_09362639.jpg



by hararame | 2019-08-02 10:27 | Comments(0)