人気ブログランキング | 話題のタグを見る

menu4

酒肴。

12月21日に、産卵期を終えたアワビ漁が解禁。

で、毎年年末に対馬の海士である義兄からアワビ、サザエ、ナマコがドサッと送られてくる。贅沢だなぁ。(笑)

当然、サケノミストにとっては、正月のおせち料理などよりこちらの方がいい。

こんな時だけは台所に立ちこれらを捌く。サザエの捌き方などお手のもの。
ご近所さんへお裾分けもするが、大部分はこちらの腹の中に。
写真を載せたりして嫌味な爺いとヒンシュクを買っても構やしない。
残り少ない人生、自分だけ好きなもの食って一杯やれればいいのだ。(笑)

ナマコを捌くにわか料理人。大きな赤ナマコ3本を茶ブリにして、土佐酢に漬けておき、1週間は食った。(笑)
酒肴。_b0340837_16174426.jpg
ボイルした栄螺を身とキモに分けて。キモはバター焼き。
酒肴。_b0340837_16174571.jpg
今年の冬は寒かったので、外に出しておけば数日は元気だった。
酒肴。_b0340837_16174588.jpg
年明けは茶ブリナマコと鯛の昆布締めで。
酒肴。_b0340837_16174781.jpg
鮑のキモとヒモ、柚子とポン酢でいい酒肴。酒器と器はご近所莫窯・上原さんの。
酒肴。_b0340837_16174601.jpg
刺身にはあまり箸が伸びない料理人も、バター焼きにすると鮑や栄螺もパクつく。
酒肴。_b0340837_16174644.jpg
栄螺を捌いて、刺身に。海士の義兄は鮑よりも栄螺の刺身を好む。
酒肴。_b0340837_16193044.jpg






by hararame | 2022-01-15 16:24 | 魚貝 | Comments(0)