人気ブログランキング | 話題のタグを見る

menu4

旨味を逃さないで。

竹林焼きを食ったことがあるだろうか?まだ土の中にある筍をそのまま焼いて食う。あるいは竹林の側で七輪炭火を起こし掘り立て土付きのまま蒸し焼きにする。筍と言うより全くえぐみなく香ばしく甘いホクホクの芋という感じ。

同じように、豆類、とうもろこしなどは収穫後の時間と比例して旨味が失われていく(菜園歴35年以上のワタシの経験から・笑)。朝採りだって夕方茹でると旨さ半減なのだ。

梅雨空なれど雨が止んだ日曜夕方、いそいそと畑ストーブで湯を沸かし、側で食べ頃に生ったエダマメを引っこ抜きザッと洗って即茹で始める。ちょうど犬の散歩から帰ってきた近所のK氏に「エダマメ茹でてビール飲むぜ!」と言うと急いで家に帰りシャワーを浴びて駆けつけた(笑)。

こりゃ旨い旨い!贅沢だなぁ、と言いつつエダマメ何束食っただろうか?ついでに肉厚のジャンボシシトウも採って焼く。これは肉厚で甘くジューシーな初栽培の特選野菜。更に鯵のみりん干しも焼いて又ビール。

エダマメはまだまだ残っているし、時間差で撒いた次のエダマメ(湯上り娘)も発芽成長中なので、この畑エダマメ+ビールの楽しみはまだまだ続く。(笑)

枝豆、茹でたての温かいのより扇風機あるいは団扇で急いで冷ました方が旨味は出る。


だいたい枝豆や芋類は北の地の方が旨いのだが、最近は品種改良されてか九州で作っても十分旨い。

旨味を逃さないで。_b0340837_09560435.jpg
すっかり野外調理器となった畑に常設のストーブ。実に役に立つ。
旨味を逃さないで。_b0340837_09560590.jpg
ものの数分で準備できるのが家横の畑のいいところ。野菜には不自由しないし(笑)。道ゆく人は(町内の人しか通らないが)みんなウェルカム。
旨味を逃さないで。_b0340837_09560686.jpg
なんだって上に乗せておけば焼けるのがこのストーブのいいところ。畑で生っているナスだって、トマトだって持ってこい!と。サザエ、エビ、イカ、岩牡蠣などもいいねー、誰か持ってきて。(笑)
旨味を逃さないで。_b0340837_09560551.jpg
今、最盛期の畑枝豆(品種・ビアフレンド)。毎日の晩酌はビール枝豆から始まる。モロキュウもね。
旨味を逃さないで。_b0340837_09560625.jpg









by hararame | 2020-07-15 10:06 | Comments(0)