人気ブログランキング |

menu4

極めたね、アーティチョークを。(笑)

料理するというより、旬の食材を味わう、それもシンプルに。ということで蒸して食べてみた。ただし、どこを食うのか?え、こんなとこ?という、これこそがこのこの食材の真骨頂だった。(笑)

ガクを一枚づつ剥がして、根元を歯でしごきながらチョパッと(笑)。口に入るのはほんの僅かな量。だが旨いのだ、実に!数枚食ってはワインをグビッと。キリがないカッパえびせん状態。

数十枚のガクをむしって食ってしまうと、中心の花になる綿毛の部分が現れ(それは取り除く)、ハートと呼ばれるホクホクとした芋のようなのがメインの食材部分。

こりゃ作って食ってみなければ知らない旨世界だった。多年草なので、来年はもっと花がついて味わえるはず。旬野菜の楽しみが又一つ増えたなぁ。


蕾の頭の1/3程と茎を切り落とし、ガクの先端は尖って痛いので、ハサミでとっておく。

極めたね、アーティチョークを。(笑)_b0340837_08210500.jpg
約20〜30分蒸す。すぐはアチチなのでしばし置いて、その間ワインの準備。(笑)
極めたね、アーティチョークを。(笑)_b0340837_08210625.jpg
ハラリと取れるガクの根元を歯でしごき食す。溶かしバターやマヨネーズをチョイとつけるが、そのままでも旨味がある。こんな僅か量を食うなんて、なんと非効率な食い物だ。
極めたね、アーティチョークを。(笑)_b0340837_08210642.jpg
最後、綿毛部分を取り除いたハートの部分。刻んでパスタに入れたり、いろいろと使える。しかし、ワタシはガクの部分がいいね。後に残りし残骸の山、最初の状態より遥に多い量。一体何を食ったのだ?オレは。
極めたね、アーティチョークを。(笑)_b0340837_08210728.jpg





by hararame | 2020-05-30 08:44 | Comments(0)