人気ブログランキング |

menu4

食べ尽くす。

畑で夏から10月まで生り続けた四角豆は柔らかな鞘ごと天ぷらにして、実に良く食った。青い可憐な花もかき揚げで天ぷらにして食べられるし。ところがこれには食えるところがまだあるのだ。というより南の島ではこのシカクマメ(うりずん豆)は花や実を落とし、根っこに栄養をやって大きくして芋として食うらしい。

ということでワタクシも11月頃、最後に根っこを掘り出して(実が沢山なったのでやや小さいが)茹でて食す。これまず食った人はいないだろうな。(笑)

皮を剥くというより外した(真ん中の細い芯もとる)アチアチホクホクのうりずん芋の味は、ちょっと落花生のような味もして、なかなか旨いのだ。

次の年は、二株ほどは実と花を全部落として大きな根っこ芋を作るぞと思いつつ、つい忘れて実を育て天ぷらにして食べてしまう。よし、来年こそは‥!


皮は縦に裂けて、簡単に剥ける。天然塩をちょいとつけてパクっとやると、実に味わい深い。

食べ尽くす。_b0340837_17524603.jpg
出来るだけ太い根っこを選んで収穫。茹でると、見た目ゴボウ、味は美味しい芋。
食べ尽くす。_b0340837_17524694.jpg
シカクマメ(うりずん豆)はなんと言っても天ぷら。豆というより鞘と未成熟の豆が一体となっている。癖がないので、サラダでもいいね。
食べ尽くす。_b0340837_17501955.jpg










by hararame | 2019-11-26 18:04 | 野菜 | Comments(0)