人気ブログランキング |

menu4

一期一会の青竹箸 (第375巻)

呑友Uさんと、今年の初呑みを事務所でやろうかと、ウィークディの明るいうちからクイッ!とね(笑)。

テーブルの横に電子レンジを置いて、牡蠣や栄螺を焼いてはアチアチを味わう。シャンパンのような発泡日本酒のMizubashoが牡蠣にピッタリ。Uさんは立山のにごり酒が旨い!と。焼きたてのバゲットにはバターやカマンベールチーズ、ハムをのせてパクつく。街中のビルの事務所で2人のジジイがワイワイではなく、酒と肴にうなずきながら、しみじみと味わう一期一会の呑み会。(笑)

Uさんは布村さん作の美しいお箸を2膳持参。青竹箸ってのは使うのは一回切りなので、こんな一期一会の呑みにはピッタリなんですと、なるほど…。


いつもは図面やスケッチを拡げてるテーブルを片付け、レンジや、シート、食材などを配置する。これは慣れたもの(笑)。

一期一会の青竹箸 (第375巻)_b0340837_06100512.jpg
最初の乾杯は、愚娘が駅の立ち飲みで手に入れてきた水イカの内蔵塩辛で。コリャ旨い!とジジイ達の意見は一致。
一期一会の青竹箸 (第375巻)_b0340837_06100598.jpg
いつも牡蠣はやっているが、今回始めて電子レンジでの栄螺のつぼ蒸しにトライ。最初に酒と醬油を滴しておき、こぼれないように耐熱皿の上に置いてチンすること1分半(1個につき)。これが上々、素晴らしい、又事務所肴のレパートリーが増えた。(笑)
一期一会の青竹箸 (第375巻)_b0340837_06100677.jpg
暗くなり、最後にビールと珈琲を飲んで〆と思いきや、じゃ外で一杯やりますかと、2人ジジイは歩いて3分のいつもの鮨屋へ。赤貝の刺身が盛られた器はUさん作の緑彩皿。ここでも銚子が1本、2本、3本と…(笑)
一期一会の青竹箸 (第375巻)_b0340837_06100674.jpg








by hararame | 2018-01-20 06:30 | 魚貝 | Comments(0)