人気ブログランキング |

menu4

そばの芽サラダ週間。

台風で種が流されるんじゃないかと厚蒔きし過ぎた蕎麦の種が一斉に発芽。
今週はひたすらこの間引き菜(スプラウト)を食わなきゃ。(笑)
この蕎麦の新芽が旨いんだなぁ。天然塩をパラリとしてオリーブオイルをかけてむしゃつく。
カイワレ大根のような淡白軟弱さ(笑)はまるでない、モチっとした食感と濃い味。
あっという間に大きくなるので、ご近所さんにも自由に間引きしてもらおう。(笑)
今蒔いてるのは蕎麦粉を作るためのものだが、今年はサラダ用に10日おきに畑のあちこちに蒔いて食べ続けるようとする予定。

そばの芽サラダ週間。_b0340837_09521669.jpg
そばの芽サラダ週間。_b0340837_09521713.jpg
そばの芽サラダ週間。_b0340837_09521719.jpg




# by hararame | 2020-09-13 09:55 | Comments(2)

そばの芽サラダ週間。

台風で種が流されるんじゃないかと厚蒔きし過ぎた蕎麦の種が一斉に発芽。
今週はひたすらこの間引き菜(スプラウト)を食わなきゃ。(笑)
この蕎麦の新芽が旨いんだなぁ。天然塩をパラリとしてオリーブオイルをかけてむしゃつく。
カイワレ大根のような淡白軟弱さ(笑)はまるでない、モチっとした食感と濃い味。
あっという間に大きくなるので、ご近所さんにも自由に間引きしてもらおう。(笑)
今蒔いてるのは蕎麦粉を作るためのものだが、今年はサラダ用に10日おきに畑のあちこちに蒔いて食べ続けるようとする予定。

そばの芽サラダ週間。_b0340837_09521669.jpg
そばの芽サラダ週間。_b0340837_09521713.jpg
そばの芽サラダ週間。_b0340837_09521719.jpg




# by hararame | 2020-09-13 09:55 | Comments(0)

ちょいと昼飯に‥

昨年蕎麦を栽培してから、せっかくだからと蕎麦打ちをし始めたが、最近は休日の昼飯などに「ちょいと蕎麦でも食うか?」とお気楽に蕎麦打ちするようになった。

自家栽培の蕎麦粉はすぐになくなったので、北海道や信州の粉をネットで求め、冷蔵保存しておき、十割で打つ。手順も慣れてきたので、思い立って1時間後には一杯やりながら蕎麦を食っている。(笑)

畑の野菜もいろいろと採れているので(オクラ、ピーマン、シシトウ、ゴーヤ、カボチャ、四角豆、インゲン、シソ‥+エビ、キノコ等)料理人に天ぷらを揚げてもらい、結構豊かな天ぷら蕎麦の昼飯となることもある。

ということで、昨夕は畑で9月始めに播く蕎麦用の土作り。蕎麦の間引き菜(スプラウト)のサラダがこれまた旨いんだなぁ。今年は昨年の倍以上の作付予定なので、自作の新蕎麦を食うのも楽しみ。


最初は二八の蕎麦を打っていたが、最近はすっかり十割蕎麦。

ちょいと昼飯に‥_b0340837_14325262.jpg
いろんな工程で難しさはあるが、やはり切るのが一番慣れがいる。綺麗に細く切ろうと思うと時間が掛かるし、早くやれば太さはまちまちになるし‥(笑)。でもま、味には変わりはないので、不揃いでも可。
ちょいと昼飯に‥_b0340837_15002375.jpg

大根おろしのつけ汁をたっぷりと入れるのがよろしい。最初はビールを飲んでもつい冷酒も飲みたくなる。(笑) 汗が出るので、焦って切ったらかなり幅広の蕎麦も‥(笑)

ちょいと昼飯に‥_b0340837_14325167.jpg
畑で蕎麦用の場所を確保(実際はこの倍ほどの広さになる予定)。8月末に再度耕し、9月の始めに種蒔き。
ちょいと昼飯に‥_b0340837_14325172.jpg
自分で育てた蕎麦を挽いてもらい、12月には新蕎麦を十割蕎麦で食う。楽しみだなぁ。







# by hararame | 2020-08-17 14:50 | いろいろ | Comments(0)

雨、雨、雨‥

今年の梅雨の雨の量や長さといったら、なんということだ!でも、日本中に大雨と災害をもたらした梅雨も明後日にはようやく明けそうだが‥、ホンマカイナ?

畑の作物の出来も、特にトマトにとっては大影響。本来トマトは水もあまりやる必要はなく日照が必要なのに、赤く熟せず虫食いや病気腐れなどが多発。ミニトマトはま、いいが、一番期待してる4種のイタリアントマトの出来が悪い。それでも毎日何とかありつけてはいるが。

クォーレ・デ・ブェ(牛の心臓と呼ばれるトマト )の改良版コラゾンが出来始め、よさそうなのを採ってカプレーゼで一杯。

そして、雨でガッカリしてばかりじゃいられないと、またもや畑の隅に生った天然のキクラゲを採り、コリコリと一杯。(笑)


なんせ、バジルは畑のあちこちに雑草のように生っているので、料理人時々バジルソースを作って保存。

雨、雨、雨‥_b0340837_16464844.jpg
コラゾン(トマト)とバジル、モッツェレラチーズに天然塩をパラリとして、オリーブオイルを掛けたカプレーゼ。3つを一緒にパクッとやり、ワインをグビッと。
雨、雨、雨‥_b0340837_16464920.jpg
今や我が家の玄関は、畑の野菜置き場と化している。(笑)
雨、雨、雨‥_b0340837_16464805.jpg
朽ちた切り株の根元に今年も出来た天然のキクラゲ 。今年2度目の採取。
雨、雨、雨‥_b0340837_16464845.jpg
乾いたキクラゲでも、泥跳ねを洗ってしばし水に浸けておけば、量も増え、ツルツルのキノコに。
雨、雨、雨‥_b0340837_16464800.jpg
前回は炒めたので、こんどはサッと湯通し(30秒)して刺身にし山葵醤油で食す。コリコリを味わいながら日本酒を一杯。
雨、雨、雨‥_b0340837_16464927.jpg







# by hararame | 2020-07-28 17:11 | Comments(0)

旨味を逃さないで。

竹林焼きを食ったことがあるだろうか?まだ土の中にある筍をそのまま焼いて食う。あるいは竹林の側で七輪炭火を起こし掘り立て土付きのまま蒸し焼きにする。筍と言うより全くえぐみなく香ばしく甘いホクホクの芋という感じ。

同じように、豆類、とうもろこしなどは収穫後の時間と比例して旨味が失われていく(菜園歴35年以上のワタシの経験から・笑)。朝採りだって夕方茹でると旨さ半減なのだ。

梅雨空なれど雨が止んだ日曜夕方、いそいそと畑ストーブで湯を沸かし、側で食べ頃に生ったエダマメを引っこ抜きザッと洗って即茹で始める。ちょうど犬の散歩から帰ってきた近所のK氏に「エダマメ茹でてビール飲むぜ!」と言うと急いで家に帰りシャワーを浴びて駆けつけた(笑)。

こりゃ旨い旨い!贅沢だなぁ、と言いつつエダマメ何束食っただろうか?ついでに肉厚のジャンボシシトウも採って焼く。これは肉厚で甘くジューシーな初栽培の特選野菜。更に鯵のみりん干しも焼いて又ビール。

エダマメはまだまだ残っているし、時間差で撒いた次のエダマメ(湯上り娘)も発芽成長中なので、この畑エダマメ+ビールの楽しみはまだまだ続く。(笑)

枝豆、茹でたての温かいのより扇風機あるいは団扇で急いで冷ました方が旨味は出る。


だいたい枝豆や芋類は北の地の方が旨いのだが、最近は品種改良されてか九州で作っても十分旨い。

旨味を逃さないで。_b0340837_09560435.jpg
すっかり野外調理器となった畑に常設のストーブ。実に役に立つ。
旨味を逃さないで。_b0340837_09560590.jpg
ものの数分で準備できるのが家横の畑のいいところ。野菜には不自由しないし(笑)。道ゆく人は(町内の人しか通らないが)みんなウェルカム。
旨味を逃さないで。_b0340837_09560686.jpg
なんだって上に乗せておけば焼けるのがこのストーブのいいところ。畑で生っているナスだって、トマトだって持ってこい!と。サザエ、エビ、イカ、岩牡蠣などもいいねー、誰か持ってきて。(笑)
旨味を逃さないで。_b0340837_09560551.jpg
今、最盛期の畑枝豆(品種・ビアフレンド)。毎日の晩酌はビール枝豆から始まる。モロキュウもね。
旨味を逃さないで。_b0340837_09560625.jpg









# by hararame | 2020-07-15 10:06 | Comments(0)