menu4

<   2017年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ファイナル芋煮会。 <第371巻>

昨年、最後かもと言いながら、ちょうど今年で10年目なので、一区切りで今年こそ最後だ!の芋煮会を開催。
昨日までの雨も上がり、絶好の秋晴れ日和。いつものメンバーだけと言ったら総勢22名のほぼフル参加。手際はみんな慣れたものだったし、途中、料理人の仕掛けで今年が一番盛り上がった様子。参加はほとんど60代夫婦と20〜30代のその娘達。場所は、家からチョイと5分の糸島の井原山里にある友人工務店の大本山荘。
10年一昔。みんなそれぞれ歳を重ね、増々柔らかくなって愛でるように酒肴を嗜みつつ、笑い声が絶えない会だった。その後の我が家での2次会(これも恒例)では、さらに人が増えてたが、それも最後の思い出。これで恒例はもう終り。ま、気が向いたらやろか!と言う感じで残り少ない人生(笑)ボチボチと楽しむか、と。

山荘の大本氏が会場に材木とコンパネで長いテーブルをセッティング、これは工務店お手のもの。その上にクロスを掛けるとまるで野外レストラン。(笑)
b0340837_16570058.jpg
芋煮は出来るまでしばし時間がかかるので、その間は、秋の味覚あれこれで酒を楽しむ。この時間がなんともいい。
b0340837_16565907.jpg
芋煮を食ったあとは、しばし酒と会話を楽しみ、最後にはその出汁でカレーウドンを作るのも本場山形仕込み。これは別腹ですっかり無くなってしまう。
b0340837_16570189.jpg


menu3 (300~336回まで)

menu2 (201~300回まで)
menu1 (001~200回まで)






[PR]
by hararame | 2017-10-10 17:21 | Comments(0)

お湯割りで名月を。(笑)  <第370巻>

中秋の名月。途中雲に隠れたがなんとか鑑賞。月見で一杯は、このところ飲み事が続き今日は禁酒日にしようと決めてたものだから、そんな時よくやるお湯のお湯割り(笑)。

いつもの焼酎湯割り専用のグラスに我家の地下40mから汲み上げた井戸水を沸かし、グラスに3分目程入れしばし置く、その後同じお湯を並々と足すとアチアチのお湯割り。これにライムやレモンなどを一片入れると完璧。

今夜はサバの味噌煮などをつつきながら、卓上に活けたススキの下で数杯。いくら呑んでも明日の朝は二日酔いもなく爽やかな目覚め(当たり前だ・笑)。


卓上に活けたススキの影の下でお湯割り(この後ライム1切投入)を。

b0340837_12060038.jpg
ちょいと横の川にいけばススキはいくらでも。
b0340837_12055841.jpg
高祖山から上る名月。
b0340837_12060382.jpg

menu3 (300~336回まで)

menu2 (201~300回まで)
menu1 (001~200回まで)




[PR]
by hararame | 2017-10-05 12:12 | いろいろ | Comments(0)