menu4

<   2014年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

貴重魚で一杯 <第343巻>

琵琶湖の畔に住む料理人の弟から、まず他の地では味わえない、ホンモロコが冷凍で送って来た。琵琶湖固有種であるホンモロコは一時期絶滅しかけたが、近年地元の人達の努力で少しづつ復活し始めたらしい。特に冬の子持ちモロコはほとんどが京都の料亭などに流れて手にいれることが出来ない貴重魚。天ぷら、佃煮、などもあるが、一番旨いのは、炭火で外側をパリッと素焼きし、酢みそ、ポン酢などでシンプルに味わうこと。早速、七輪に炭火を起こして食卓の横に置き、焼きたてを口に運びつつ、辛口の酒をグビリ、と。こりゃ、酒がいくらでもすすむ(笑)。ほんのりと甘みをおびた上品な味。まるで大名の様な気分のひとときでした。アリガトね、タロさん。多謝、激謝!


最後に頭を下にして、水油分を少し飛ばして、カラリと焼き上げる。
b0340837_18080716.jpg
ホンモロコは鯉科の魚。大きさは7〜8cm程の小さな魚デス。
b0340837_18081193.jpg
ワタシは酢みそよりもあっさりとポン酢を好む。酒は辛口「立山」。酒器は中井窯の染分盃。
b0340837_18081475.jpg
これは2年前、Uさん宅の炭火鉢でモロコを焼きつつ、「旨いねー、いいねー」と一献やった時の。(笑)
b0340837_18081873.jpg









[PR]
by hararame | 2014-12-23 18:33 | Comments(0)