menu4

カテゴリ:未分類( 10 )

基本、家呑み。 (第367巻)

食欲増進と健康の為、体調不良の時以外は、ほとんど毎日酒を嗜む(呑むと言えや!笑)。但し、酒だけを呑むわけでなく旨くて新鮮なモノを食しながらゆっくりと時間を掛けて晩酌を楽しむ。

たまに料理人が旅行などで居ない時があるが、独りでもほとんど外食はなく家で。田舎に住んでるので帰りの足がないということもあるが、どうも外飲みは落ちつかない。それに家だと、ダラッとした格好と姿勢でいいし(我家のテーブルの高さはその為に65cmと低くしている)、で、ほろ酔いで階段上がれば、バタンキュー。

そして糸島では、超新鮮な魚、肉、野菜が簡単に手に入るし、自家菜園(35年のキャリア・笑)で作ってる多種の旬の野菜の旨さったらありゃしない。毎日の酒肴も、そこらのレストランや居酒屋より、自宅の料理人が作るオカズの方が旨い。このmenuというブログの記事もほとんど家の食卓での話をもう13年間、367回も描いている。 ということで、独り暮らしだった今年のGWも、近所の呑み友窯元に丁稚手伝いに行った(笑)3日間以外は二匹の老猫の世話をしながら家呑み。


休日は窓から暮れ行く田園風景を見ながら、早めの夕食が気持ちがいい。独り飯はほとんど調理しなくていい糸島の新鮮魚の刺身や、畑から採ってきた野菜を主に。5月ともなれば、冷酒が旨い。(笑)

b0340837_15073264.jpg
これは独り晩酌の冬版。ソテーした牡蠣とワインでまず一杯。その後はイカ刺や湯豆腐と熱燗で。
b0340837_15073475.jpg
時々、潜り漁師である対馬の義兄からの鮑、栄螺、が送られてくると、俄然日本酒が進む、ススムの大行進。(笑)
b0340837_15073388.jpg
これまた、近江の義弟から送られてきた琵琶湖の本モロコは七輪起して炭火焼き。ポン酢で食すとホント旨いっ!  で、酒は滋賀や奈良の関西の蔵のモノ。
b0340837_15073539.jpg
料理人が月一度くらい作ってくれるアヒージョで、ワイン。 酒はビール、日本酒、焼酎、ワイン、ジン、ウィスキーなどなんでも呑むというポリシーのなさ。(笑)
b0340837_15073672.jpg
畑でジャガイモを収穫した日は、掘り立ての小さな芋をそのままパリッと焼いて食うのが楽しみ。その時はもちろんビール。夏場のキュウリは毎日その日の夕方収穫。もろみ、豆腐よう、雲丹などをのせパクパクと食す。
b0340837_15073631.jpg
夕食の始まりはチョイと珍味からはじまるが、鮒寿しなどがあれば、酒肴としてはじつによろしいねー。
b0340837_15073777.jpg


menu3 (300~336回まで)
menu2 (201~300回まで)
menu1 (001~200回まで)










[PR]
by hararame | 2017-05-08 15:41 | Comments(0)

もはやタコ焼きを越えて‥(第364巻)

料理人が関西出身だからというわけでもないが、我家では、ちゃんとした晩飯のオカズとして、タコ焼き、お好み焼きなどが時々登場する。ただし、我家の粉もん料理は巷によくあるガキの食いモノではなく、立派に酒の肴にもなるというスペシャリティ料理なのだ(笑)。

先日のタコ焼き風景、まず中にはなんでも入れる(笑)。とくにコンニャクは予想外にいける。エビはいいが、イカはイカン(笑)。それに、タコ焼き器はタコ焼き専用いう概念を外すと、個人用の小さな底丸の鋳物鍋が並んでいると考えればよろしい。生地を流し込まなくても、ちょいと油を引けば肉も焼けるし(一口用の)野菜炒めだって出来る。今の時期、ワタシはオリーブオイルで牡蠣を焼くのが好みやねー。さて、次回は我家秘伝のお好み焼きにいってみるか。(笑)

反対側にもいくつかの具が並ぶ。各自(2人しかいないが・笑)千枚通しを持ち、自分のものは自分で管理して焼きながら、好みの酒を飲む。

タコ焼きの生地は境目におかまいなく流しこんでも、チョイチョイと返しながら焼いていくと自然と丸くなるもの。手つきには免許皆伝あり。ワタシは初段、料理人3段、大阪に住む愚娘6段。(笑)


menu3 (300~336回まで)
menu2 (201~300回まで)

menu1 (001~200回まで)


[PR]
by hararame | 2017-01-22 16:25 | Comments(0)

5月は今年も‥(第358巻)

風薫る5月、野山には鳥がさえずり、山菜も芽吹く時期。毎年、近所の友人Uさんが窯場展をされるので、料理人と手伝いをするのが恒例になってしまった(ま、連休時期に人ごみの行楽地に行く気はないので)。と、言っても、来客の中に共通の知人も多いので、ワタシはお客様の話し相手、酒呑み客の呑み相手をするのみだが‥(笑)。
その時に、料理人が毎年作って持っていく「こけら寿司」がなかなか好評。木の芽、筍などその季節に出る素材を使って作る関西各地のこけら寿司の中でも、京都北部ではシメ鯖を使う。料理人は、母が京都出身で、又、祖母は料理上手で京都新聞に料理の欄を書いていたらしい。ちらし寿司でもこれは大人の味なので、酒の肴としてもイケル。
でも、ワタシが手伝えることは、前夜、晩酌をやりながら大量の木の芽の葉っぱをはずすこと、酢飯を作るときに、パタパタとご飯を仰いで冷ますことくらい。よく、作り方はどうするの?と聞かれるが、ワタシに聞かれても困るので、写真でも載せとこうかと(笑)。
今年も朱塗りと陶器の大きな鉢に2杯作っていたが、大勢の人が来られるので、またたく間になくなる。あれ?食べてないぞ!という方、来年は予約しておいてください。(予約は有料?笑)

ドーンとしめ鯖(笑)。前日に料理人が作ってたもの。
b0340837_1395741.jpg
自宅の山椒じゃ足りなくて、ご近所Yさんとこの山椒の葉も獲ってきて。
酢飯を冷ましてるのは風娘「コッチ向けて仰ぐと酢でむせるやないの!」と文句言われながら(笑)。
酢飯と具を交互に何層にも入れる。で、最後は木の蓋で、押し押し。
b0340837_13101230.jpg
こんな感じで完成。
b0340837_13103637.jpg
五月の旬を味わいながら、ビールグイグイ、日本酒チビチビ、と。
b0340837_1311048.jpg





menu3 (300~336回まで)
menu2 (201~300回まで)
menu1 (001~200回まで)





[PR]
by hararame | 2016-05-17 13:24 | Comments(0)

酒と肴と器(第357巻)

昔、日本酒と言えば、じっくりとたしなむというより、学生時代のコンパでの無茶飲み(ヤカンで燗つけ)を経て、社会に出てから宴会での「ま、ま、ま、ま‥」と注がれるというイメージの呑み物だった(笑)。
ところが最近の日本酒は、ブームでもあるが、実際に旨いなぁと感じる酒が多くなったし、全国に美味しい酒造りをしている蔵元も増えてきた。
そして酒肴は、海も近い糸島では新鮮な魚貝が安く買えるし、全国の珍味も簡単にあちこちから手に入る時代。
さらに器は、近所で親しいドリンク友(笑)の莫窯・Uさんより酒器や肴皿を戴いたり、それに昔、陶芸を専攻してた料理人があちこちから酒器を買い集めてきて随分とある。
今日の肴は何だ?じゃあ、あの皿と酒器で何処の日本酒を味わおうか?と、晩酌の楽しみは尽きることがない(笑)。というわけで、このところ、毎夜の晩酌での日本頻度がかなり高くなってきた。


仕事で疲れての後より、身体もココロも休みで体調も気分もいい早めの食事時に飲むのがやはり一番。いつもの片口に唐津皮鯨の盃(莫窯)。肴は白山陶器では珍しい鉄釉の角皿に彦根の鮒鮨、中井窯の染分皿には辛し明太子で。
b0340837_16101071.jpg

飲みなれた愛用の盃は、やはり白瓷盃(莫窯)。カタチはいろいろあるが、口当たりがよくついこれを選んでしまう。白瓷輪花高台皿(莫窯)には、料理人の故郷、彦根「きむら」の子持ち鮎。酒は愛飲酒、金沢の「加賀鳶」で。
b0340837_16102318.jpg

正月には必ず登場、赤絵の徳利(莫窯)。昆布ジメの小鯛で一杯。酒は近江の義弟からきた「松の司」あらばしり。
b0340837_16103736.jpg

対馬の義兄より送られてきたナマコ、栄螺は刺身にして、キモも添えて。酒器は(莫窯)平盃とずんぐり片口。
刺身を盛った三角皿は養護学校の学生作品。
b0340837_1611742.jpg

随分昔からある砥部焼の徳利と盃。白山陶器の角皿には、梅の花の神崎工場で買った来た湯葉巻き豆腐など。
b0340837_16113020.jpg

なぜかむっくのKさんが下関お土産にフグのヒレ酒をくれたので、昔手に入れた丹波の盃でちょいと一杯。
b0340837_16114452.jpg

真夏にキリリと冷やした冷酒を色鮮やかなガラス盃で。自分でサザエの造りを料理して、キモは有田で買った練り込みの向付皿に添える。酒を飲むためのお盆は、7年程前にデザインし、「木工房むっく」で商品化した「チョイボン」。
b0340837_1612247.jpg

小振りの五角形の徳利は昔、料理人が求めてきた丹波のモノ。同じく丹波の盃で湯葉を肴にちょいと一杯。
b0340837_16121755.jpg

琵琶湖の本もろこを戴いたので、七輪と炭を食卓の横に用意して、じんわりと焼き上げつつ、アチアチを食しながら一杯。盃は中井窯の染分のモノ、ポン酢を入れた豆皿は湯町窯。しかし、本モロコは旨いっ!(笑)
b0340837_1613209.jpg

やや大振りの黒釉盃(莫窯)はUさんの近作。今夜は、石川の「萬歳楽・甚」があるので、鯛の刺身で一杯。
b0340837_16134322.jpg

三島手模様のぐい呑み(莫窯)には辛口の酒。肴は、努努鶏という冷やして食す博多の鶏唐。
b0340837_1614421.jpg

いわきのNさんよりの戴いた「雲丹の貝焼き」、ホッキ貝の殻に雲丹がテンコ盛り。なんともやはや贅沢な肴。さっそくチョイボンに盃(莫窯)を載せて、食卓へはこぶ嬉しさよ。(笑)
b0340837_16211177.jpg

6年前に商品化したS社のラウンジチェアと一緒にデザインしたサイドテーブル。実はこうやって酒器を載せ、一杯やるのをイメージしたもの。(笑)
莫窯・Uさんの白瓷の片口と盃がウォールナットの木色とピッタシ合う。さて、肴は何にしようか?
b0340837_16142085.jpg

ついつい好きな器を使ってしまうので、実際は登場してない酒器や器のほうが多いんだが‥。




menu3 (300~336回まで)
menu2 (201~300回まで)
menu1 (001~200回まで)





[PR]
by hararame | 2016-03-09 16:25 | Comments(0)

昼飯を‥

昨日で今年のガッコの授業も終わり、久々にゆっくりランチでもするか?と、近くの産直市に電話。「今日、牡蠣入荷してる?」「ありますよ〜!」。車で5〜6分の産直市で牡蠣1パック、帰り路バゲットと安ワイン買って戻る。
事務所のテーブルにレンジを置いて、テキパキといつもの手順。牡蠣一個につき1分の目安で、レンジでチン!と。アチアチの牡蠣にレモン汁、チョイ醤油、あ、オリーブオイルを切らしている!ま、いいか。う~む、今年も牡蠣が旨いっ!と独り言(笑)。バゲットにチーズ載せてムシャムシャ。ワイングビグビ。牡蠣をチン!パクパクの繰り返し。
フーッ、いい昼飯だった。(笑)

思い立ったら即、カキとワイン。これが独り事務所のいいところ(笑)。イエローテールはやや酸味が強いな。
b0340837_19143120.jpg

今度、専用の大きなテーブルクロスを用意しとくか。
b0340837_1914517.jpg

バゲットにはバターをつけるといいのだが、今ちょいカロリーを控えてるし。
b0340837_1915762.jpg

う〜む、プリプリしてうまそ〜!(笑)
b0340837_19152816.jpg

[PR]
by hararame | 2016-02-05 19:24 | Comments(0)

根っこの季節

寒くなると根菜のシーズン、我家のカブ、ダイコンはまだ間引きモノを食べているが、プロ農家の根菜を時々戴く。
瑞々しいダイコンやカブは、まずスライスして生で食うのが一番。上にチョイと珍味を載せて食すと立派な酒の肴。夕食時、我が輩が酒の用意をしてると、料理人、とりあえずの一品としてこれでも食ってろ!と言う感じで食卓に載せるのが根菜スライス。もろみ味噌、梅肉、山葵、雲丹、豆腐よう、塩辛、辛し明太子、などをチョイと載せてパクッと。で、日本酒をグビッとやる(笑)。
その他、ふろふきや、おでん、田楽、煮物などの温かい料理も多い根菜。これで、熱燗チビチビやりながら、ストーブの炎でも眺めてれば、外は吹雪の真冬(九州ではほとんどないが)もなんのその。
あ、根菜と言えば好きなジャガイモもあったなぁ。これは又別の機会に。

生のままばかり食べてるわけでなく、関西人の料理人は「かぶら蒸し」なども食卓に運んでくる。カブの下には白身の魚、京風の薄味で酒の肴にはピッタリ。
b0340837_15271794.jpg
新鮮で瑞々しい大きなダイコン、カブは生で味わうとほんのりと甘く、一緒に食す珍味の濃い味を中和してくれる。塩辛などは、ダイコンと一緒に味わうのがいい。刺身のツマではない、大根サラダもよく食す(これには梅肉が一番)。
b0340837_15274749.jpg
寒くなると、こんなホカホカの根菜が欲しくなる。カブやダイコンの田楽、すじ肉とダイコンの煮込み、もちろんおでん、ブリ大根という手もあったなぁ。(笑)
b0340837_1528519.jpg





menu3 (300~336回まで)
menu2 (201~300回まで)
menu1 (001~200回まで)





[PR]
by hararame | 2015-12-23 15:44 | Comments(0)

貴重な友人で、豊かな食卓。(笑)

ご近所Y氏は、酒が飲めず、食べるものも好き嫌いだらけ、魚貝類、山菜などほとんど食べないもののほうが多い。なのに、独りで海山に出かけ自然の恵みを獲るのが趣味という誠に不思議な人物。春先は近くの山でワラビ、タラノメ、ウドなどの山菜採り、里が九十九島の海辺の小佐々町なので月に数度帰る度に、又近場の糸島の海で、好きな釣りや貝掘りを楽しみ、獲物を持ち帰る。で、その収穫物のほとんどが貰って大喜びの我が家に回ってくる(笑)。朝、玄関を開けると、アサリや牡蠣がどっさり入ったバケツがあれば、ハハァ、Yさんか、と。こんな貴重で素晴らしい友人が近くに住んでると、幸せ三昧、豊かな食生活が送れます。激しく感謝。(笑)


どこで獲ってくるのか(近くの山らしいが)、春先の休日たびにタラノメを戴く。早速天ぷらで一杯。(笑)

b0340837_07374971.jpg
ワラビも獲ってくる量が、はんぱでないって。(笑)
b0340837_07375446.jpg
実家へ帰られた時には、いつも釣り魚。アジの刺身、塩焼き、は年中食ってる気がする。(笑)
b0340837_07382268.jpg
一番の大好物、アラカブ(カサゴ)も、煮付け、味噌汁で。
b0340837_07381259.jpg
夏の獲物は、イサキ。塩焼き、刺身で一杯!
b0340837_07381954.jpg
最近多いのはハマグリ。あまりドッサリと戴くので、酒蒸しにして一気に食す。そりゃ酒もすすむって。(笑)
b0340837_07380088.jpg
朝、玄関を開けると、バケツにアサリがある。しめしめ、味噌汁にバター焼だな、と。
b0340837_07380302.jpg
春の新ワカメの季節は近くの海岸にワカメ取りだとか。ワカメ、湯がくとサッと綺麗な緑色に。メカブが旨いよなー。
b0340837_07375701.jpg










[PR]
by hararame | 2015-05-12 07:55 | Comments(0)

春は食卓から(346巻)

「ようやく出てた~」と行きつけの魚屋から戻った料理人。以前は玄界灘でも上がっていたのだが、めっきり少なくなって禁漁が続いてもう数年。今はほとんどが瀬戸内海産。「イカナゴ」の話し。こちらでは「カナギ」と呼ぶ。

3月始めはまだ小さくて「しんこ(新子)」。これが週ごとに大きくなり、カナギの大きさで3月の進みを知るという我が家。早速、釜揚げにしてもらい、大根おろし、生姜を乗せ、ポン酢で食す、いくらでも食えそう。関西でイカナゴといえば釘煮か。

先日は、フキ(ツワ)もあるし、ワカサギもあったので、かき揚げにしようと。最近、我が家の天ぷらは食卓上で電気調理器でやるスタイルが多い。やや気ぜわしくもあるが、何と言っても揚げたては旨い。前で料理人が揚げるものから、ビールごくごくお湯割りチビチビやりながらパクつく。これからたらの芽も出るし、我が家では春は花(桜)より食いもの、やはり食卓から(笑)。


釜揚げはこのくらい大きさが旨い。ちょいとポン酢で。もっと小さなシンコはかき揚げで。これは日本酒がすすむ。

b0340837_18375565.jpg
カナギのかき揚げはセリも一緒にいれて。
b0340837_18375027.jpg
ワカサギも食して味の比較。やはりカナギのほうが旨いか、と。

我が家でのフキの天ぷらは葉付きで揚げる。 アスパラも新ゴボウもいいね。

b0340837_18375907.jpg
あ、天ぷらは残ったのを次の日に味噌汁に入れて食べるも好きなんですね。(笑)


menu3 (300~336回まで)
menu2 (201~300回まで)
menu1 (001~200回まで)





[PR]
by hararame | 2015-03-16 18:58 | Comments(0)

貴重魚で一杯 <第343巻>

琵琶湖の畔に住む料理人の弟から、まず他の地では味わえない、ホンモロコが冷凍で送って来た。琵琶湖固有種であるホンモロコは一時期絶滅しかけたが、近年地元の人達の努力で少しづつ復活し始めたらしい。特に冬の子持ちモロコはほとんどが京都の料亭などに流れて手にいれることが出来ない貴重魚。天ぷら、佃煮、などもあるが、一番旨いのは、炭火で外側をパリッと素焼きし、酢みそ、ポン酢などでシンプルに味わうこと。早速、七輪に炭火を起こして食卓の横に置き、焼きたてを口に運びつつ、辛口の酒をグビリ、と。こりゃ、酒がいくらでもすすむ(笑)。ほんのりと甘みをおびた上品な味。まるで大名の様な気分のひとときでした。アリガトね、タロさん。多謝、激謝!


最後に頭を下にして、水油分を少し飛ばして、カラリと焼き上げる。
b0340837_18080716.jpg
ホンモロコは鯉科の魚。大きさは7〜8cm程の小さな魚デス。
b0340837_18081193.jpg
ワタシは酢みそよりもあっさりとポン酢を好む。酒は辛口「立山」。酒器は中井窯の染分盃。
b0340837_18081475.jpg
これは2年前、Uさん宅の炭火鉢でモロコを焼きつつ、「旨いねー、いいねー」と一献やった時の。(笑)
b0340837_18081873.jpg









[PR]
by hararame | 2014-12-23 18:33 | Comments(0)

恒例を続けてたら、高齢に‥(笑)<340巻>

毎年9月に案内を出して10月開催となる我が家の料理人主催の「恒例高齢芋煮会」。今年は、なんと北は山形から、東は大阪、南は鹿児島まで、いずれもこの芋煮会だけの為にご夫婦で参加という、もはや全国野外鍋料理会10選にも選ばるのでは?(笑)という程の大イベントとなってしまった。

山形の秋の行事を思い出して始めたこの会ももう7回目。ほとんどが毎年これを楽しみにしている人達で、会場設営から料理の手順、後片付けまでもはや慣れたもので自然と担当も決まりテキパキと。美味しい食べ物や飲み物の差し入れ、中心点をもたないあちこちでの会話が楽しい。

今年は総勢17名(キャパの上限)の内60才以下は4人だけという、名実共に高齢の集まり(笑)、参加はほとんどがご夫婦で、子供や仕事関係者は御法度の大人の会。さて、いつまで身体がもって、出来るものやら、続くものやら‥。(笑)


毎年9月になると「あぁ、芋煮会の案内ださなきゃ」と思いだす。今年の案内状。

b0340837_17013020.jpg
なぜか芋煮が出来上がるまでに、秋刀魚を焼くのも恒例になってしまった。(その他、ギンナン、むかご、干物など)
b0340837_17011412.jpg
出来上がったら号令。すると、配給を受ける感じで並ぶ60代の参加者達。もはやグループホームの模様(笑)
b0340837_17012088.jpg
昼から始まった芋煮会が終わると、そのまま4km下の我が家へ移動。そしてコレ又恒例の深夜まで2次宴会。
元気な高齢者達。今年はギターの名手Eセンセの参加で1960〜70年台のフォークソングの大合唱で盛り上がり(笑)
b0340837_17012734.jpg

さてさて、これが終わると秋も終盤。


menu3 (300~336回まで)
menu2 (201~300回まで)
menu1 (001~200回まで)







[PR]
by hararame | 2014-10-13 17:15 | Comments(0)